書源650号

本号で書源は通巻650号を迎えた。発刊55年目の快挙である。書道界には書海社の「書海」誌(創刊 松本芳翠)や書壇院の「書壇」誌(創刊 吉田苞竹)のように千号を優に超える競書雑誌があるので、比すべくもないが、とにかく、毎月休まずに発行してきた積み重ねの事実は尋常なことではない。本来なら、創刊時から編集長だった江口先生のもと莞爾として来る700号に向けて通過して行く筈であった。しかるに昨年9月に江口先生が急逝された。返す返すも残念至極で、その空虚、虚脱感は未だに尾を引いている。璞社、書源会員の皆様も同じであろうと思う。

ご存じのとおり、書源は璞社創設者、初代会長の小坂奇石先生の書に対する理想を具現化すべく、それまでにあった書典誌から、昭和42年に大人の部を移行する形でスタートをした。小坂先生66歳、編集長は32歳と若き江口先生であった。書源の発刊は小坂先生のみでは出来ず、江口先生という超有能な人材を得たからであった。書源発刊以降、江口先生は書源編集長、教師、書家という三足の草鞋を履きこなす生活に入るのである。高校時代に江口先生が小坂先生に入門する決意を固めた経緯については、すでに何度も書いたので、ここでは割愛するが、啐啄同時というのはまさにこの師弟の奇縁をいうのであろう。

書源発刊に伴う懸念事項であった資金面の問題も昭和46年の発刊五十号の頃には一応のメドがつき、以降五十号毎に誌上展等の企画を実施した。現在の璞社役員の大方の人はその登竜門をくぐって来た人である。

創刊から第二十三巻十二号(平成元年)まで小坂先生が手本を善かれ、翌第二十四巻一号(平成2年)から江口先生を中心とした手本となる。最近は江口先生と山本大悦新会長も手本を担当されてきたが、江口先生のご逝去により、今後は山本新会長の手本が中心になって行くこととなる。小坂先生は常々、手本は作品と違うと言われていた。山本新会長も手本には細心の注意を払っておられるとのことである。競書に応募する皆さんも手本を参考に自己の創意工夫も織り込んだ作品を引続き応募いただきたいと思う。競書についての是非はあると思うが、その成績で一喜一憂し、また努力工夫する、書友、良きライバルと競うのも競書の醍醐味である。

外部の先生方からも書源は読み物が多く楽しいとの声をいただくことがある。川村、淺田、山本康、北條、阪野各氏の定番記事や解説は連載であり、それぞれ労作である。中でも江口先生の「マンピツ」はとりわけファンが多かったのでないだろうか。ご逝去により、「マンピツ」が無くなるのは、寂しいが、その空白を埋める気鋭の若手の登場も期待したい。

書源は江口編集長の下、歴代の編集事務局スタッフの方々の尽力と多くの読者の支持があって今日まで継続発行されてきた。今後は山本大悦新会長を中心に継続されて行くことになる。少子高齢化や最近の種々の環境変化で取り巻く状況は厳しい。会員の確保、増加がその大前提である。書源のさらなる継続、発展の為に、皆さんのさらなる協力をお願いしたい。-650号を通過点として-。

佐藤芳越(書源2021年2月号より)

カテゴリー: 巻頭言(他) | コメントする

継志

第60回記念璞社書展の出品作は「継志」と書いた。先人の志を後世に継承するという意味である。
記念展のテーマが「― 新しい干支への出発 ―『飛翔』」となり還暦を迎えたこともあり、再出発をするために気概を込めて撰文をした。江口先生が亡くなられた今となっては、一段とこの言葉が重くのしかかるように思える。

璞社発足にあたって小坂先生は産みの苦しみをされただろうし、江口先生は継承する苦労をされたに違いない。江口先生は常々「璞社繁栄のために」という言葉を口にされていた。アットホームで和やかな雰囲気を持つ璞社のカラーは江口先生の人柄そのものである。先生は多方面にどれだけ気遣いをされていたことか。それは弟子に対しても同様で、いつも笑みを絶やさず穏やかに接しておられた。お稽古では駄目だしをするより褒めながら長所を伸ばす指導だった。一方、自身の書作に当たっては拘りが強く、若い時は相当練習を重ね書き込まれたようだが、晩年になれば草稿は頭の中で練り、書いたとしてもメモ程度で、仕上げは極めて少ない枚数で書き終えることに務めようとされていた。それだけ集中力を持ち、真剣な書作態度だったといえる。まさに「他人に優しく自分に厳しく」を実践しながら璞社を育ててこられたのである。江口先生の人生は璞社と共にあったといっても過言ではない。

今年から私は璞社会長として就任させていただくことになったが、「継志」は決して容易なことではない。小坂先生が書源巻頭言などで示された崇高な思いの実践は容易くはないので長期戦で取り組むとして、先ずは今まで通りにホンワカとした和やかな璞社を継続させることから始めたい。昨年は世界中が新型コロナウイルスに翻弄され、何もかも暗く沈みがちであったが、今後は璞社が率先して明るい話題を発信できるよう前向きに取り組んでいきたいと思っている。璞社会員、書源会員の皆さんのお力添え、ご協力を切に願ってやまない。

すべては璞社繁栄のために。

山本大悦(書源2021年1月号より)

カテゴリー: 巻頭言(他) | コメントする

江口大象先生を偲んで

九月三日江口先生が逝去され、一か月が経とうとしています。葬儀にはコロナ禍にも拘わらず、大勢の方が参列くださいました。また供花や弔電も沢山いただきました。皆さんありがとうございました。賑やかなことが好きだった先生は皆さんのご厚情にふれ微笑んでおられることだと思います。

先生の生前の様子は先月号のマンピツに詳しく書かれていますのでご覧いただきたいと思いますが、本当に突然なお別れでした。私事ですが三日前には、先生が二階の事務所に来られ、前日の選別会のことや他愛もない話を一時間余りもしたのですが別れ際に「片付けをしていたら墨が沢山出てきた。お前、墨いらんか」と言われたのが先生との最後の会話になりました。

片付けと言えば二か月位前のことです。お稽古に使う法帖や字書類を除き、すべての書籍を弟子たちに分け与え、アルバムや書類などの整理をされたのです。また日展、璞社書展の作品をはじめ、依頼されていた他社の雑誌の一年分の手本と解説を書き終え、書源の手本や学び方を数か月分いただいた矢先のことでした。更に間際までお稽古や選別会で璞社の大勢の方と会い、遠方の方とは電話で話もされました。前日には愛用の三輪自転車に乗って散髪にも行かれました。全ての仕事をやり遂げ、皆に会って挨拶をし、身支度をして旅立たれたのです。先月号の先生の最後になった巻頭言を読まれた方はお気付きになったかと思いますが、先生はご自身の運命を悟っておられたのかも知れません。先生らしく身辺の整理をされて潔く幕を引かれました。

先生宅の玄関には「破顔大笑」の額作品が掛けられています。「大笑」は「大象」に通じる語で「破顔一笑」をもじった言葉で、書源発刊600号を記念して書かれた作です。自身の作を自宅に飾るまいと思っていたのに、”この作だけは別”と言わしめたお気に入りの作品なのです。「破顔大笑」、文字通り先生はいつも笑顔を絶やさない穏やかな人柄でした。争いごとを避け協調性を重んじた生き様を終生貫かれました。先生らしいといえば、自他ともに認める「雨男」でした。告別式後に小雨が降り、それは実害のない雨でした。「雨男」をここでも貫かれました。大学三年生で入門し現在までの四十二年間にご指導いただいた先生との思い出は私の脳裏に焼き付いて離れません。これからも私たちを見守っていてください。

ご冥福を心よりお祈りいたします。

山本大悦(書源2020年12月号より)

カテゴリー: 巻頭言(他) | コメントする

浅い知識で四柱推命

私の今年の運勢の悪さは昨年のうちからいわれていた。良い方角と悪い方角とが図や文章で示されている四柱推命の本は年末になるとどこの本屋さんでも特設コーナーを設けて山積みして売っている。

川村龍洲さんがうちの三人の子供の数十年後の去就を言い当てたり、東南光さんが長女の風呂での事故を予言したり。他にも山程ある。そういえば、小坂先生が「北千里に行くな!」と引越しの前日にまで私に怒鳴り上げておられたのも、今から考えると四柱推命のお告げ。あたたかいお告げだったかもしれぬと今思い直している。

信じても半信半疑。それから数十年、方角云々については全てそれに従っているといっても過言ではない。しかし今年の運気の悪さはそれとはあまり関係がなさそうにも思う。ある意味すでに数百年前から決まっていることらしい。いやもっと前から。これが学問として認められて以来。

私と同じ三碧木星の人は—-と?まで書いて、龍洲さんに電話をしたら、それは削った方がいい、該当者が山程いるので当たらない人—-なにしろ三碧木星といっても四種類あるんだからと私にはさっばりわからない話でこの話はこの辺でやめて。転倒、骨折、眼疾、年齢からくる衰え。不注意といってしまえばそれまでだが、私はただ運命に従ってじっと耐えているのみとでも言っておこうか。方角と病気とは別ですぞ—-念のため。

ところで今年の暑さは尋常ではない。老人は熱中症であるとも判断できずあの世へ行くそうだ。私も家内も堂々たる老人なので、コロナも含めて用心した方がいいらしい。といっても何をどう用心するのか、テレビなどで騒いでいるが、皆結論のない話に終始している。

この十一号が出る頃にはちょっとは涼しくなっていますかね。コロナが多少とも収まっていますかね。オリンピックの結論はまだでしょうね。

(この巻頭言は亡くなる直前の数日で書かれたものです)

江口大象(書源2020年11月号より)

江口大象先生は9月3日午後3時40分に逝去されました。享年86歳。ご冥福をお祈りいたします。

璞社・書源社 一同

カテゴリー: 巻頭言(江口大象) | コメントする

法樂寺の小坂奇石展

平成29年10月に小坂先生の二十七回忌の記念にと、ご息女小坂淳子さんより仰せつかって先生の手控え帳(大福帳)の印刷本を編集した。
原本は大部であるので、内容も相当部分カットした縮刷版である。これは法要の記念品であり、有縁の方々を中心に璞社でも一部の方にしか行き渡っていない。この記事をお読みの大方の方には申し訳ないのであるが、奇石版墨場必携ともいうべきもので、戦前から戦後さらに晩年に至るまで、漢文、漢詩、名言佳句また和歌等が毛筆で詳細に書き留められたものである。その内容を追えば、先生の真摯な学書姿勢とその深さが読みとれると同時に、手控え(メモ)として書かれた文字のすばらしさに魅了されるのである。昨今は、作品に比し、手紙やはがきの文字を見ると随分落胆させられることがあるが、先生のはこのメモにしてあの作品が生まれたのだと納得するのである。

前置きが長くなったが、例年、璞社書展の開催時期に合わせて小坂家の菩提寺である大阪南田辺の法樂寺リーヴスギャラリー小坂奇石記念館で小坂奇石展が開催される。今年は先生生誕120年、没後30年の記念展になるようである。そこで、先述の大福帳の姉妹編ともいうべき先生自らが執筆法、用筆法等を研究、書き記した手控え帳が、小坂淳子さんより提供、展示されるようだ。
冊子の内容は、執筆法、用筆法、書体論、筆墨紙論、書道史等の研究メモである。中でも古来、筆の持ち方、運び方(運筆)、姿勢、点画の個々の用筆等はやかましく言われてきた。明治以降、わが国でも日下部鳴鶴の廻腕法や比田井天来の俯仰法などがあり、若き小坂先生にとっても大きなテーマであったと思われる。

小坂先生が後年行き着いた書理論は、用筆における「直筆蔵鋒」、心の発揚としての「気韻生動」である。その両者を実現する為の執筆法が双鉤(ソウコウ、筆を親指と人差し指、中指で挟む)による撥鐙法(ハットウホウ)である。指先や手首を使わずに、筆先に集まった「気」を逃がさない用筆法である。書源旧号をお持ちの方は昭和48年書源第7巻11号巻頭言に小坂先生が「執筆法」というタイトルで書かれた記事を読み返していただきたい。
小坂先生はその理論を20代の後半に「漢溪書法通解」を読んで得た。同書は清の戈守智(号 漢溪)の撰文で日本では明治14年に翻刻本が出版されている。6分冊、8巻からなり、書論、執筆囲、執筆論、智永永字八法、諸名家の筆法、孫過庭の音譜等が収載された書論集である。特に小坂先生が拘ったのが執筆法であり、確信を得たのが先述の「撥鐙法」である。撥鐙法の詳細な説明はここでは省略するが、現在、江口先生が書かれている筆の持ち方、運び方がそれであると理解いただければ良いと思う。江口先生も若い頃に、それまでの執筆法から現在のものに変えられたとのことである。

今年の法樂寺での小坂奇石展では作品とともに展示される手控え帳をじっくりと見ていただき、小坂先生の学書過程、密度に想いを馳せていただきたい。併せて、そこに書かれた卒意のペン字の品位の高さ、書としての素晴らしさも併せて鑑賞いただきたい。書家たるもの斯く有るべしと再認識させてくれること必定である。

佐藤芳越(書源2020年10月号より)

カテゴリー: 巻頭言(他) | コメントする

一作に込めた万感の思い

真似したくても端から出来そうもないことがわかることがある。小坂先生の右折れカーブのことで、先生はあの一点に万感の思いを込めておられたのではないかと想像している。しかし先生ご自身にはそんな意識は露ほどもなかったと思う。

今日(6月27日)徳島の文学書道館から「真っすぐな書家、小坂奇石の書と生涯」が送られてきた。いい冊子が出来た。くり返し読んでいる。ところどころにある「エピソード」と称するコメントもすばらしい。私にとっても新しい知識が多い。
この冊子の十八ページには先生六十九歳、改組第二回日展作がある。まず目につくのは「神」の縦画、しかし私がここで述べたいのは「寒」の太く強い右肩の瘤のこと。先生の意思の強さがそのまま、ありのままに表現されている。「神」の縦画もそうだが、これだけはっきり意思表示をされているのに何一つ嫌味を感じさせないのがすごい。私だったら嫌味だらけの作品になるに違いない。

昭和四十五(1970)年は私の三十五歳のとき。元の東京都美術館の壁面のどこに飾ってあったか。この作品に込められた先生の強い思いなど、何もかもが作品の前に立ったとき一瞬にして全ての事情がわかった気がしたのもきのうの事のように覚えている。
制作時の身の構え方、眼光、呼吸。先生のこの作に込められた万感の思いは—-。これは私には絶対できない、生き方、ものの考え方にまで及ぶ人間の根幹を成す根の深い部分が問題なのである。

江口大象(書源2020年9月号より)

カテゴリー: 巻頭言(江口大象) | コメントする

墨のこと

まずは二枚の写真を見ていただきたい。共に川村驥山の遺品である。一円玉を添えてあるので大きさが判る。竹の墨挟みを使用してぎりぎりまで磨り、更に小さな墨どうしを磨り合わせてくっ付け、それをまた少し大きめの墨にくっ付けて最後まで使った。今これを門下生に見せても、驥山のものだとは誰も信じない。明治の人で物を大切にしたのは勿論だが、昭和二十年三月長野市に疎開した後、終戦を迎えその後あらゆるものが不足していたかを物語る証拠品である。寝具類と衣類を中心とした疎開の荷物では書道関係の品物は最低限のものしか運べなかった。従って東京から持って来た端渓硯一面と、墨も僅かな数であった。調べてみると殆んどが唐墨である。こうした状況下で、昭和二十三年の三越本店での大個展に続き、毎日書道展、日展の作品制作は我々の想像を超える不自由さであったと思う。ともあれこうした驥山の知られざる一面を知っていただくのも、大量消費と飽食に慣れきってしまっている現今に反省を促す意味が有るのではなかろうか。

昭和五十年六月、手島右卿先生のお宅に伺った。小生は佩玉の鞄持ちだが「あの手島先生にお会いできる!」という興奮状態は今も鮮明に思い出せる。先生と母は、驥山の思い出を懐かしそうに話し込んでいる。やはり酒にまつわる話題が多かった。そのうち、緊張でガチガチになっている小生に向かって手島先生が「書源」誌を話題にされ、流石に小坂さんの本だけあって参考手本は勿論だが読み物も多いし、ともかく内容が素晴らしいとお褒めの言葉をかけてくださった。その一言で小生も緊張が少し和らいだが、続けて「君、目隠しで墨を磨って、和墨か唐墨か、硯が和硯か唐硯か判るかね?」と質問された。咄嗟のことだったが狼狽えながらその違いはどうやら区別できます、とお答えした。「そりゃ結構!書家は字を書く前に、用具用材に関してまず職人としての専門的な知識と感性を磨くことが何より大事なことなんで、芸術なんてものはそれがキチンとできてからの話だよ」と結ばれた。あの手島マジックとも呼ばれた見事な墨色の秘密を窺うことができた気がした。四十五年前の忘れられない一瞬である。

ところで、最近の墨液の質の良さには驚く。磨墨と作品書きの時間は大きな問題だが、墨液はそれを瞬時に解決してくれるのは実に有り難い。ただ便利さに甘え、書道文化における文房至宝と呼ばれるうちの、墨と硯に関する研究が疎かになるのではないかと心配もしている。年寄りの杞憂では済まぬことだから。

川村龍洲(書源2020年8月号より)

カテゴリー: 巻頭言(他) | コメントする

離合集散

離合集散は世の常、どこにもあること。団体にも会社にも国家にも。長い目で見ればそれで社会は発展し、会社も生きのびてきたともいえる。

日本の書道界も小さいながら明治以降現在まで、私の知っている限りでもかなりの数の離合集散があった。書への考え方、地位、利益、それらを複合した形でのそれを山はど見てきた。昭和五十五年、璞社の重鎮の一人が小坂先生宅へ脱会を申し出た日、先生はデンワで「今から行く」と用件も告げずに奈良のご自宅から大阪の私の家までタクシーで来られた。「なにしに来られるんですか」と聞いても答えはなかった。随分遅い時間だったと思う。そしていきなり「お前もかー」。寝耳に水とはこのことで、先生は10数分後に私に脱会の意志のないことを確認されると安心して帰られた。
あの騒ぎから約三十三年。璞社が発展したかどうか。いや決して数のことではない。質的に落ちていないかどうかの問題である。

平成元年、中野南風さんが先生からの会長推薦を固辞され、結果私が会長を引受けることになったのであるが、それでよかったのか、璞社の歴史としてそれでよかったのか、最近になってときどき考えている。あの時南風さんが小坂先生の言われた通り会長を引受けておれば、璞社の進路は大きく変わっていたと思う。中野南風さんの考え方は小坂先生を一歩進めた唯我独尊的なわが道を歩むであったし(これはこれで立派な考え)、私は一歩後退の付き合い、協調性を重んじたのだから—。考えてみれば先生は全くその中間だったといえる。璞社のためにどちらが良かったかはもう少し時を俟つ必要があろうとは思う。放射能の半減期を待つほどでもなかろうが、昨今の書道界を見ても離合集散のあとの明暗はとりあえずはっきりしてきている。

ただ一ついえることは、歴史に逆らってはいけないこと、いくら現代とはいえ、長い書の歴史に逆らって突然新しいものを生まれさせてはいけないということである。

江口大象(書源2020年7月号より)

カテゴリー: 巻頭言(江口大象) | コメントする

比較することから見えてくるもの

数年前に、書道界の流れとして肉太で墨量たっぷりの作品が流行っていましたので、私自身機会あるごとに皆さんにそのことを訴えてきました。ところが最近はそこまで太さは問われないように感じています。それより一本の線の強さがより求められているように思います。

ところで太細や墨量、強弱などの程度は人それぞれです。普通といっても個人個人微妙に基準が違うし、感覚に左右されるものならなおさらです。自分自身の持っている普通と思っている基準との比較によって太細や大小を判断し表現するだけでは不十分です。ここでは書道界の動きとの比較が大切なのです。

話は脱線しますが、以前私が高校で書道の教師をしていた時に、比較することによって多彩な表現をする実験をしたことがあります。例えば半紙に「風」一文字を条件を加えずとりあえず書いてみます。それを以後の基準にします。次にそれより太く書く、細く書く、大きくまた小さく書く。それらを複合的に太く大きく書く、太く小さく書く。細く大きく、また細く小さく書くなど一番最初に無作為に書いたものと比較して大小や太細の変化を表現するわけです。更には墨量を変えて潤渇の変化や墨の濃淡、運筆の遅速などの変化までも大小や太細の変化に加えていくのです。かなりの組み合わせになるのですが、その実験によって書作品の多彩な表現が体感できるのです。この実験は無意識に書いた一番最初の作品を基準にし比較していくわけですが、他人との比較は必要ありません。

さて話を元に戻しますが、書道界の流行に乗り遅れまいとするならば、書道界全般との比較が必要です。書道界の流行の推移を見極める方法は展覧会に足を運び多くの作品を見ることです。そして書道界の傾向と自分自身の作品とを比較してください。大小や太細また潤渇などは他人との比較でわかると思います。他人の作品を見ても何も感じませんという方は論外です。ただし冒頭に触れた強い線を表現するための方法は筆法の問題ですので比較しただけでは無理です。「線質」は書家にとって最大かつ永遠の課題なのです。

山本大悦(書源2020年6月号より)

カテゴリー: 巻頭言(他) | コメントする

昔の話(5)

書く気が失せてしばらく途絶えていた「昔の話」を、二、三人の方から催促されて、また少し書いてみようかと。もう七十年以上前のことだ-、何か気恥しい気持ちも多分にある。
前回の第四話は五十二巻の五号。そこで途切れているので二年ぶりか。日本到着が心底うれしくて母と抱き合って喜んだことで話は終わっている。母三十四歳、小生十一歳。
上陸して休む間もなく列車へ。そこで一杯の味噌汁とその日の食事代程度のお金が頭数分母親に手渡されたように思う。味噌汁は日本の味。母とお互い目を見て「美味いね」と言い合った。列車は行き先ごとに分けられ、当然江口一家は九州行き。超満員で出入りは窓。

先ず西松浦郡の山の中にある親戚の家へ。会社整理のため現地に残った父を除いて七人家族。どんな関係の親戚だったか。村に一つしかない西山代小学校の五年に入学(中国での小四はほとんど行っていないので本当は四年にはいるべきだった)。田舎の家へ突然七人がはいれば気まずいに決まっている。約一カ月で佐賀市内の西魚町へ。そこの親戚宅にお世話になったのが五月。六月に父が帰って来てさあ大変。すぐ転居。ウロウロしているのを見かねて民生委員の人が、ここで良かったらと米屋町(現白山町)の崩れかけた一軒家を見つけてくれた。二階建てといっても藁葺きの天井からは二カ所はど空が見えていた。床は斜めで、梯子と古畳をどこからか貰ってきてその二階へ祖父母と子供四人。二カ月間だけの約束だったが引揚者用の入居の抽選に漏れてそのまま居座り。中国からの衣類を一枚一枚お金に変えていたのだが、いよいよ食べものに困って田舎の親戚まわり。親戚の何軒かには農家が多く「その辺のもの何でもいいから引っこ抜いて持って帰って—」。そのとき食べた大根の丸留りの何と美味しかったことか。近くの小川で泥を落としただけ—。

そんなこんなで自然に八百屋さんに。一介のサラリーマンだった父は即不慣れな八百屋のご主人に。しかしそんな仕事が続くわけがなく、必死で勤め先を捜して五年後に建設会社のソロバン係になって八百屋は自然に母へバトンタッチ。二年契約だった大家さんは当然カンカンに怒ったらしいが、近くにいた遠い親戚のおじが中にはいって和解したようで、そのうち母は正式に中央青果の組合員になり、それから十四、五年の八百屋業に。私も裏でこそこそと売っていた八百屋業も親戚まわりをして自転車の荷物寵(佐賀ではこれをダンベーという)一杯の野菜を運ばなくてもよくなった。
今度の小学校は目の前、歩いて三分の勧興小学校、五年生。学校へは毎日行っていたと思うが、よく覚えていない。

江口大象(書源2020年5月号より)

カテゴリー: 巻頭言(江口大象) | コメントする